イラストレーター・フォトショップを学べるCLASS99.99マンツーマン デザインスクール

卒業生の声

久代小百合×竹田憲司


久代小百合さん

99.99「久代さんは、ほんとにコンスタントに通っていただいたという、非常に優秀な生徒さんでしたね」

久代:「ほんと、勉強になりました」

99.99「久代さんの場合は、ほかの方と若干志向が異なっていましたよね。アニメーションとかに興味がありましたよね。」

久代:「はい、そうですね。」

99.99「次のステップとしては、アニメーションの学習を深めたいという感じですか?」

久代:「そうですね、もっと深めたい感じがします」

99.99「志が当初から高いというか、やりたいことがかなり明確でしたよね。自分の夢を追える環境だっというか。。。」

久代:「両親には感謝しています(^^)v」 

99.99「環境として備わっているのなら、できるだけ使って有利に進めていったほうがいいですね。それを、うらやましがられるのを恐れないでいてほしいです。」

99.99「やれない立場の人にも、失礼だしね。日本人は、特に変にそういう部分奥ゆかしく考えるというか」

久代:「はい」

99.99「これから、海外で勉強するとなると、いろんな部分で大変になってくると思いますが、ウチで得てもらったことがどれだけ役に立てるかどうかわかりませんが、少なくとも1年前よりは、かなりスキルはついてるはずですんで、それをうまく役立てて、最終目標に到達することを願っています。」

99.99「通いやすさは、どうでしたか?」

久代:「駅からも近かったし、それはすごくたすかりました」

久代:「大阪からも神戸からも、割と近いですし。」

99.99「家からはどれくらいでしたっけ?」

久代:「1時間弱ぐらいですかね」

99.99「最初入校したときって、どんなことが勉強できるのか、不安なこととか一杯あったと思うのですが」

久代:「はい、そうですね。」

99.99「ウチのカリキュラムというか、メソッドはホント独自の方法なんで、それに対してはどうでしたか?」

久代:「そうですね、やっぱり1対1というので、実際にお手本を見てそれをやっているところも見てもらってやるっていうのが一番わかりやすいじゃないですか。そういう学習ができたのはすごいよかったと思います」

99.99「1対1だと、できないと進めないので、その辺のプレッシャーとかなかったですか?」

久代:「いや、先生を独り占めできるじゃないですか。だから、自分が聞きたいことを聞けるし、ほかの人に遠慮をしなくてもいいのがいいですね。」

99.99「長く通っていただいてたってことは、その辺のシステムも気に入っていただいてたんだなと思いますけど。。当初期待していた学びたいことのレベルと、実際学べたことのレベルってどんな感じですか?」

久代:「当初思っていた以上のものがあったと思いますし、最初はほんとに実用的なことだけをやるのかなと思っていましたが、アニメーションに興味があるっていうとそのことも教えてもらえたし、FLASHとか学びたいと思ってたことに触れ合えたし、Aftereffectsなんかも行為ウバで教えてもらわないと絶対わからなかったし。。。」

久代:「いろんな方向で新しい可能性が開けたって言うか、終わった段階でやれることが増えたなあと実感しました。」

99.99「でも、結構いい作品ができましたよね。」

久代:「ありがとうございます。」

99.99「久代さんの場合、もともともってらした才能もあるんですが、それがさらに新たな発想を生んでベーシックなところから、応用のところへうまくステップアップできたんじゃないかと思います。」

久代さんの作品

99.99「作ってもらった、フルFLASHのサイトなんか、よくできてるしほかの生徒さんもびっくりしてましたよ。」(右)

久代:「そうですか、ありがとうございます」

99.99「これから、さらにアニメーションについての勉強を海外でされたいとのことですが」

久代:「はい、でも、まだ語学がぜんぜんなので、なかなか具体的なプランを立てられなくて。。」

99.99「そうですか、語学もこれから勉強ですね。最初から、いろんなことを勉強した行っていう意欲はすごいかんじられましたもんね。」

久代:「ほんとに環境に恵まれてて、ありがたいとおもっています」

99.99「最近の若い人は、貪欲に学ぼうという意欲のある人が少なくて、すごく●●のソフトが使えたらとかいう目先の目標しかもてない人が多いんですよ。」

99.99「もっと、クリエイターやアーティストになりたいとか言う大きな夢をもてない人が多い中で、すごい貴重な生徒さんでしたね。」

99.99「環境が整ってても、できない子はできないですしね。」

久代:「週一回という区切りのペースがすごいよかったのかもしれません。課題もいろいろ出していただいたので。そのペースを維持するってすごい大事だったなと思います。」

久代:「1ヶ月スパンだと、だらだらしちゃったかもしれません(>。<);」

99.99「学習ペースとしてはちょうどよかったかもしれませんね。」

99.99「今日で、一応卒業というかたちをとりますが、せっかくこうやってお知り合いになれたんで、また今後いろいろわからないところとか困ったところがあれば、気軽にたずねて下されればいいかなと思います。」

99.99「じゃ、一年間お疲れ様でした。」

久代:「こちらこそ、ありがとうございました。」


久代さんは、2011年を目標に海外の芸術系大学に留学の予定です。

二階堂久美×竹田憲司


二階堂久美さん

99.99「結構長いこと、1年ちょっとになりますかね。通っていただいてありがとうございます。」

99.99「でも最終的に、いいところに就職が決まりましたね。」

二階堂:「はい、ありがとうございます。」

99.99「だいぶでも、就職活動は苦労しましたよね。このご時勢ですから仕方ないですけど」

二階堂:「はい、何とかおかげさまで。。。」

99.99「最初から、二階堂さんはコチラのお教えしたことを、素直に受け止めていただける方だったんで、お教えするのはすごい楽でしたよ。」

99.99「うちで、習う前に多少デザイン系の仕事の経験があったということでしたが、また位置からまっさらな状態で来て頂いたのがよかったのかな。」

99.99「うちに習いに来るきっかけって言うのは?」

二階堂:「デザインの仕事はちょっとしてたんですが、WEBをこれからちゃんとやっていかないといけないなと思い立って、たまたま検索サイトで、 神戸でなおかつ個人授業というのが目に留まって、サイトをクリックしたのがきっかけです。」

99.99「大手の専門学校に行かなかったのは?」

二階堂:「実は、大手もいろいろ説明聞きに言ったんですが、大体30人ぐらいのクラスの中に先生が一人いて、あとはパソコンとにらめっこの オンライン授業だったので、それだと自分で独学しても一緒だと思ったので、CLASS99.99に通ってみようと思いました。」

99.99「で、実際通ってみていかがでしたか?」

二階堂:「すごいたのしかったし、1対1なんで、いろいろその場で聞けるし、授業料も一括ではなくて、来るたびに支払うのでちゃんと勉強しないとという危機感がもてましたね。」

99.99「毎回お財布から現金だすって言うの、けっこうしんどいですが、それがプラスに働いた例ですね。」

二階堂:「そうですね、だんだん貯金残高が減っていくと。。。。(T_T;」

99.99「がばっとはらうと、そのときだけの痛みですもんね。」

二階堂:「そうそう、じわじわきいてくるんです。。」

99.99「ボディブローのように(^^;」

二階堂:「そういう意味では、支払い方法はすごい効果的でしたね。」

二階堂さんの作品

99.99「一番役に立ったと思ったことは?」

二階堂:「一番役に立ったのは、やっぱり業界の最新動向が聞けることとかですね。情報がダイレクトに届くのがよかったです。」

99.99「今回就職も決まって、学んできたことが生かせれるかどうかはこれからにかかっていると思うんですけど、ウチは単に技術的にできるできないというよりか、仕事に取り組む精神的なこととかをちゃんと吸収してほしいんですね。」

99.99「こまかいテクニックに関しては、これからいくらでもこつこつやっていけば伸びるし、求められる技術も変わってきますしね。」

99.99「そういう意味では、最初のときからするとかなりの成長が見られたという感じがします。」

99.99「WEBサイトなんかも、まったく作れない状態だったのが、今ではそこそこのクオリティのものが作れるようになりましたもんね。」

99.99「今日でいったん終了となりますが、クリエイターの性として、一生勉強というかそういう性質がありますね。特にWEBは時代を追っかけてついていかないとだめですが、 そういう部分では、もうちゃんと学ぶ精神というのが備わっていると思いますんで、大丈夫だと思いますよ。」

二階堂:「はい、がんばります!」

99.99「ご自宅が奈良でしたけど、通うのはどうでしたか?」

二階堂:「いえ、通うのはそんなにつらくなかったです。」

99.99「一年間通った総括的な感想としてはどうですか?」

二階堂:「やっぱり、個人授業というのは大きいし、一番近くで教えてもらえるって言うのは最大のメリットでしたね。実際、一時期ほかの専門学校にも行っていましたが、先生とかも話しづらくて、そういう面ではダントツで成長の度合いが違うと思いました。」

二階堂:「私は幸い何とか通える範囲内にあったので、すごいラッキーでした。」

99.99「そうですか、ありがとうございます。では、一年間お疲れ様でした。」

二階堂:「ありがとうございました!」


二階堂さんは、通学中に就職活動をして大阪の某優良企業のデザインセクションに就職が決まりました。

藤谷 昌世×竹田憲司


藤谷 昌世さん

99.99「ちょっと前ですが、卒業して無事転職されましたね?」

藤谷:「はい、今はSEOとWEBのコンサルをやっている会社で働いています。」

99.99「職種としては?」

藤谷:「はい、コーティングとデザインですが、デザインメインです。」

99.99「前職は、アパレルの販売でしたよね?」

藤谷:「アパレルの方は、2-3年ですね。WEBの会社に入ってからは1年ぐらいですね。」

99.99「面接はどんな感じでしたか?」

藤谷:「今の会社は、割とラフな感じだったんですが、面接にスーツがっちり着ていったら、”そんなきっちりせんでいいのに。。。”といわれて拍子抜けしました。」

99.99「面接のときに何聞かれましたか?」

藤谷:「なんでこの職種を志望したのかということとか。。」

99.99「なんて答えたんですか?」

藤谷:「以前ロンドン行ったときに、美術館とか見て回って面白そうだなというところがきっかけというかんじでしょうか?」

99.99「作品は、最後に教室で作ったサイトをみせたんですか?」

藤谷:「そうですね。でも、面接された社長さんに”ウチではもっとビジネス的なものが多いし、お客さんの要望で変更とか修正もおおいです。それに、すなおに対応できますか?”と言われました。」

99.99「そうですね、修正/変更は多いですね。(^^;職場は何人ぐらい?」

藤谷:「大体6-7人でしょうか?でも、みんな経験が少ない人ばっかりでした。。。」

藤谷 昌世さんの作品

99.99「職場では力は発揮できています?」

藤谷:「そうですね、職場ではデザインをやってるのは私だけなので。。。ただ、迷った時に聞ける先輩がいないので、それは悩みの種です。」

99.99「WEBのわからないこととかは?」

藤谷:「もう、検索、検索で何とか乗り切っています。」

99.99「WEBの技術は日進月歩なので、授業でやってたことだけでは日々変わっていく現場は対応できないでしょうね。。。自分である程度調べて進化していけることも、スキルとして必要でしょうね。」

99.99「もっとこういうところを勉強してたらよかったなと思うことはなかったですか?」

藤谷:「結構一通り教えていただいていたのでだいじょうぶですね。」

99.99「最後の課題の制作したものをみていたら、ほぼデザイン、コーティングの基本的なところはマスターしていただいてたと思います。なので、お仕事の場面でも特に問題なく対応できるだろうと思っていました。」

藤谷:「はい、ありがとうございます。」

99.99「それ以降に関しては先ほどのように、技術やスタンダードは変わっていくので、それに対応できるように進化していく力が必要になりますね。僕らも、結局はそういう風にいまでも勉強していかないといけないですね。」

藤谷:「ほんとにおわりがないですね。」

99.99「会社でもそういうことに対応していけると見込んでもらったから採用してもらったんだと思いますよ。勉強して進化できる才能というのも大事ですね。」

藤谷:「はい、そうですね。」

99.99「いまは、言われたことをこなしているだけで大丈夫かと思いますが、今後ステップアップするにはそういう進化は必須になってきますね。CLASS99.99 に通ってみての感想は?」

藤谷:「私、大勢の人の中で学ぶのは、ちょっと苦手なので、マンツーマンというのは本当にありがたかったです。緊張感はありますが、しっかり見ていただいてる方が間違えた作業しているとかをチェックしてもらえるので安心でした。私にはすごく合っていました。」

99.99「今度海外に行かれるまでに、デザイン力アップのためにまた来ていただけるようですね。ありがとうございます。がんばってくださいね。」

藤谷:「はい、ありがとうございます。よろしくお願いします。」


藤谷さんは、就職活動をして神戸のSEO関連WEB制作会社に転職し、9月からは海外の方で勉強される予定です。

川島 早織×竹田憲司


川島 早織さん

99.99「CLASS99.99に来られたきっかけは。。。?」

川島:「父の時計店のDMやチラシなどをWORDで作ってたんですが、限られた仕上がりになってしまってたので・・・」

99.99「そうでしたね。最終的にはだいぶデザインもできるようになりましたね。」

川島:「これができるようになったというのかどうかわかりませんが、自然とすすんでいきましたね。できることが増えていったという感じで。」

99.99「目的が明確で、実践を伴いながら学習できたのがよかったのかもしれませんね。」

川島:「そうですね。」

99.99「学習の中でむずかしかったことはなかったですか?」

川島:「行き詰まるとどうしようとか思うことが多かったですね。操作的なことというより、デザインの良しあしの面で。」

川島早織さんの作品

99.99「よく相談にも来られましたよね。」

99.99「こちらも、実際に制作されるものに対してのアドバイスだったのでより、実践的な授業ができたような気がします。」

川島:「はい、たすかりました。」

99.99「今後はどういった展望がありますか?」

川島:「はい、同様にDMとかチラシもですが、WEBの方もやっていきたいと思っています。」

99.99「つくられたDM などは実際にお店のツールとして使われていると思うのですが、反応はいかがですか?」

川島:「お客さんからも、DMなどが目に留まったから来たよと言ってもらえるようになりました。」

99.99「それはすばらしいですね。結果が伴ってきていますね。」

川島:「はい、私もうれしいです。」

99.99「直接お教えしていないノベルティや紙袋なども作っておられましたね。」

川島:「そうですね、オリジナルで作るということに意味を感じでいるので、それが自分の手でできるというのは満足できています。」

99.99「単にモノを作るということだけでなく、販売促進企画を立てて実践している。そういうことができるというのはとても大きなスキルだと思いますよ。」

川島:「そんな大げさなことなんですかね(笑)作れるスキルがあると、可能性が増えてそういうプランが立ちやすくなりましたね。」

                  

99.99「では、さらなるお店の発展と川島さんの進化をお祈りしております。」

川島:「はい、ありがとうございます。 」


川島さんは、ご実家の家業 時計宝飾品店で販売促進を含む業務で活躍中です。再度、復帰いただいてHTMLの方も学習中です。